処刑剣 14BLADES

処刑剣 14BLADES

先週の日曜日は1本、2010年の香港お正月映画

処刑剣 14BLADES(原題:錦衣衛)」を見てきました。

評価:(90/100点) – 圧巻のドニー兄貴。グリーン・デスティニー風の剣劇武侠映画


【あらすじ】

時は明朝末期。洪武帝の作った秘密組織・錦衣衛は暗君の元で暗殺集団として恐れられていた。錦衣衛のリーダーは代々「青龍(チンロン)」の名を名乗り、敵を討つ14振りの剣を収めた箱を渡される。
ある日、当代のチンロンは宦官の賈(ジア)より大臣の趙(ジャオ)の謀反を止めるよう命令を受ける。いつものようにジャオの屋敷に忍び込み謀反の証したる箱を手に入れようとしたチンロンだったが、なんと箱には伝国璽が入っていた。ジャオの謀反は真っ赤なウソで、ジアが伝国璽を手に入れるための策略だったのだ!
企みに気付いたチンロンはジアに嵌められ謀反人として仲間の錦衣衛たちに命を狙われてしまう。チンロンは正義護送屋に逃げ込み、自身を嵌めたジアの真意を探り皇帝を守るため首都・京城(北京)へと向かう、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> チンロンのジャオ邸襲撃。
 ※第1ターニングポイント -> チンロンが正義護送屋に逃げ込む。
第2幕 -> チンロンとチャオ・ホアの逃走と砂漠。
 ※第2ターニングポイント -> 脱脱(トゥオトゥオ)に玉爾を奪われる。
第3幕 -> 雁門関での死闘


[スポンサーリンク]

【感想】

日曜日は昨年の香港のお正月映画「処刑剣 14BLADES」を見てきました。香港ではかなりのヒット作ですが、日本では一年遅れな上に小規模公開の寂しい扱いになっています。とはいえお客さんは結構入っていました。今年はドニー兄貴の過去作が続々公開されて嬉しい限りです。まさか上半期だけで4本も見れるとはw
いきなりですが本作はバリバリのB級アクション映画です。ストーリーはある程度世界観が分かっている前提で進んで行きますので、ちょっと説明不足で流れが分かりづらいかも知れません。
本作は明朝の末期を舞台にしています。皇帝の叔父・チン親王(サモハン・キンポー!!!)はかつて皇帝に謀反を起こし、それを罰せられて両足首から先を切られました。しかしまだ帝位を諦めてはおらず、娘のトゥオトゥオに暗殺術を仕込んで機会を狙っています。一方の皇帝はと言うと、宦官のジアに接待漬けにされて完全に骨抜きになってしまっています。皇帝の良き臣下であるジャオはこの事態を重く見て、皇帝の証しである伝国璽(=三国志等でお馴染みの皇帝のハンコ)を隠して保護しています。ここまでの説明が冒頭のモノローグで2分ぐらいで一気に語られますw 香港映画に馴れていないと、このテンポは結構厳しいです。
ここからジアが伝国璽を奪おうとする展開になり、そこでチンロンが嵌められ追われる身になります。ジアはチン親王と繋がっており私腹を肥やすために売国をしようとします。皇帝直属の暗殺集団としての誇りをもったチンロンは、自身のプライドを賭けて皇帝を守り、裏切り者のジアを倒すために奮闘します。
本作は追われる身となった孤高の天才暗殺者・チンロンと道中連れだった少女チャオ・ホアとのロマンスを混ぜながら、漢(おとこ)の尊厳を取り戻す戦いを熱く描きます。つまり私達の大好物です!!!! よし、全部OK。オススメです!!!!!



で終わってもいいんですが、なんなのでちょっとだけ書きますw 本作ではドニー兄貴の得意な剣劇アクションがメインになっています。アクションは生身のものよりはワイヤーを使ったものが目立ち、さながらグリーン・デスティニーのような雰囲気になっています。そもそもからしてチンロンの持っている箱が「スパイ7つ道具」っぽい面白いギミックがテンコ盛りの漫画チックなものですので、あんまりゴリゴリした肉体アクションではありません。敵のトゥオトゥオも幻影を使って鋼鉄の鞭を振り回しますし、”砂漠の判事”はくっつけるとブーメランになる日月彎刀(にちげつわんとう)をつかいます。全体をとおして非常にファンタジックなアクションが多く、肉体的な説得力よりは格好良さを重視しています。
本作はアクションがすごいというよりは、そのアクションに至るプロセスの見せ方が大変愉快な映画です。ホアが役所に殴り込みをかける所なんかは緊張感がありつつも完全にコントになっています。熱血な展開の合間合間に息抜きを入れてくるバランスはとてもすばらしく、110分があっという間です。かなりオススメです!!!

[スポンサーリンク]

記事の評価

トラックバック用URL:

https://qbei-cinefun.com/14blades/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です