きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日

風邪から回復したので
きみがぼくを見つけた日」に行ってきました。

評価:(75/100点) – タイムトラベル。いいね。良くないけど^^;


■ あらすじ

タイムトラベル能力を持った男の前に、自分を知っているという女が現れた。未来の自分が過去でナンパしてきたらしい。結婚するものの、タイムトラベルを制御できない男はいわば放浪癖のあるダメ男。妻は嫌気がさしつつも惚れた弱みで離れられない。そんな二人に子供のことである問題が、、、。
<三幕構成>
第1幕 -> ヘンリーとクレアの出会いとタイムトラベル、そして結婚。
第2幕 -> 夫婦に子供はできるのか? どうすれば良い?
第3幕 -> 死期を知ってしまうヘンリーとアルバの交流。

■ 感想

素直に面白かったです。かなり好印象。ただし、ちょっと一部のSFファンには厳しいだろうなという点もちらほら。それは後ほど整理します。まずはざっと感想を。
この話は、カテゴリとしてはSFではなくラブストーリーです。タイムトラベルは一種の「放浪癖」であり、「どうにもならない理由で引き裂かれる二人」を演出してくれます。初夜でいきなりいなくなる新郎。クリスマス前にいきなりいなくなる新婚の旦那。でも待ち続ける妻。泣けてきます。
ちなみに原題は「The Time Traveler’s Wife(タイムトラベラーの妻)」というモロにSFでございって言うものです。日本では「きみがぼくを見つけた日」というラブストーリーを前面に出したタイトルにしてますが、たぶん正解です。OL層の取り込みを考えてのことだと思いますが、この映画はコテコテのSFファンよりは間違いなく女性の方が楽しめると思います。
妻と夫の引き裂かれる愛、そして娘への思い。泣きたい方は思う存分、泣けば良いじゃない。ちなみに私もちょっと涙腺やられました。泣ける。

● SFとしてどうよ問題

これは絶対に出てくる問題です。しょうがないです。結論から言いますと、「きみがぼくを見つけた日」は
SFレベルを思いっきり下げてセンチメンタルに流した作品です。
サイエンス・フィクションには「SFレベル」というものが存在します。要は科学考証の厳密さです。SFというのは基本的にはハッタリです。ぶっちゃけ嘘です。ですので「どこまで嘘をついて」「どこから本当のことを入れるか」というサジ加減が必要になってきます。
たとえば、スターウォーズというSFの超名作があります。この作品中のC3POとかR2D2の造形を見ると、きちんと腕にシリンダーが見えたりしますし、攻撃されると火花が出ます。つまり、「人工知能ができるかどうかはハッタリだが、駆動部分のメカ機構は本当」ということです。また、「宇宙空間では無重力なのでデススターの近くに宇宙ゴミが浮いているのは本当だが、真空なのにレーザーガンの音が聞こえるのはおかしい」ということもいえます。ジェダイが使うライトセーバーやフォースは完全にファンタジーな超能力です。でもスターウォーズはSFです。つまり、スターウォーズは「SFレベルをちょっと押さえてファンタジーに振った作品」と言えます。
では、「きみがぼくを見つけた日」はどうでしょうか?
タイムトラベルについて、どうやって能力を取得したのかは一切語られません。また、過去の自分と接触したり、過去の人に未来を教えるなど、この手の「タイムトラベルもの」ではタブーとしていることもバンバンやります。過去の世界に干渉すれば、当然バタフライエフェクトが起きて未来が大きく変わるはずですが、そんな気配はありません。でも良いのです。
上記のスターウォーズと同じように、この作品ではタイムトラベルをただの超常現象としてあくまでファンタジックに使ってるんです。だから科学的考証はほとんど入っていません。わりと厳格なSFファンが見ると「なんじゃそりゃ」と言いかねませんが、これでも十分SFなんです。

■ さいごに

「きみがぼくを見つけた日」を気に入った方は、是非「ダンデライオン・ガール」という短編SFを読んでみてください。残念ながら文庫本は絶版ですが、ネットで検索してみてください。原文はこちらのwikipedia(英)の下部にリンクがあります。
タイムトラベルと恋愛を重ねるのはとても古典的な手法です。マンネリといえばマンネリですが、でもなんか好きなんです。
男のクセに乙女ちっくなだけかもしれません。お勧めです。
あ、ちなみに、SFレベルの高いタイムトラベルものが見たければ、「バタフライエフェクト3」も超お勧めです。こちらは単館系ですがめっちゃ良作です。必見。

[スポンサーリンク]

記事の評価

トラックバック用URL:

https://qbei-cinefun.com/the-time-travelers-wife/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です