てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~

本日は久々の当たり屋家業、、

「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」です。

評価:(15/100点) – 別にどうでもいいかも、、、、。


【あらすじ】

沖縄出身の金城健司は何をやっても長続きせず借金150万円を作って故郷に戻ってくる。幼なじみの由莉との結婚のため仕事を真面目にすることを決意した健司は、友人・屋宜啓介のマリンスポーツ店の倉庫を借りてサンゴバーを始める。たちまち評判になって結婚・借金返済・子供誕生と幸せな日々を歩む健司は、しかし突然バーの閉店を宣言し、サンゴの養殖で海の浄化を志す、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> 健司のバー
 ※第1ターニングポイント -> 健司が借金完済パーティでサンゴの養殖を宣言する。
第2幕 -> サンゴの養殖を巡るアレコレ。
 ※第2ターニングポイント -> 開発会社からの提携依頼を断る。
第3幕 -> 養殖サンゴが卵を産むかどうか。


[スポンサーリンク]

【感想】

昨日4月のまとめをつくっていたら良い映画ばっかりで無性に罪悪感に囚われてしまいまして(笑)、久々に正面から踏みにいってみました。やっぱ当ブログの本分はあからさまに危ない映画にいってキレてナンボだろうと思いまして(笑)。じゃあなんで「矢島美容室」に行かないんだって話もあるんですが、、、とりあえずリハビリってことで勘弁してください(笑)。
今日は夜19時からの回だったのですが、おじいさん・おばあさんや子供連れでかなり混んでいました。正直ビックリです。でもまぁシネコンで今上映中の作品という括りですと、「家族でお手軽に見られそう」と言う意味でベストチョイスかも知れません。
実際見てみると、正直そこまでどうこう言う事もない感じの普通につまらない凡作でした。リハビリに最適(笑)。
本作は金城浩二さんの自伝を元にした「実話脚色話」です。あくまでも劇映画ですが、あまり劇的なエピソードを入れずに”実話感”を上手く表現していると思います。ただですね、ここが本作がつまらない大きな原因だと思います。結局、実話をもとにしたとはいえ、あくまでも劇映画なわけですよ。だから、きちんとストーリーとして盛り上げるところは盛り上がるように嘘をついてもらわないと困っちゃうんです。
例えばクライマックス。クライマックスは、養殖したサンゴが産卵をする感動的なシーンなんですが、主人公の健司が「潜りすぎて鼓膜が破けた」っていう理由で産卵現場を直接見ないんですね。たとえ事実はそうだったとしても、それで盛り上がるわけが無いんですよ。そこは例えそうだったとしても、潜って肉眼できちんと見て、満面の笑みを浮かべてもらわないと困るんです。このシーンを観客はどういう顔して見れば良いんでしょうか? 微妙すぎます。っていうか嘘をつくつもりが無いなら、「プロジェクトX」にすれば良いだけなんです。
また、大前提として突っ込みを入れておけばですね、本作は「世界で初めてサンゴの養殖に成功した男の感動話」という体裁のはずなんですが、「サンゴの養殖」に関する技術的な苦労話が一切ありません。要は「なぜ世界中で健司だけが養殖に成功したのか」という説明が無いんです。本作における養殖の苦労っていうのが、ただ単に詐欺師に騙されて借金を負ったっていうだけなんです。この作品が言いたいのはそこじゃないはずなんですけど、、、あくまでも「海とサンゴと小さな奇跡」なはずでしょう? 本当に理屈も何もなく「たまたま」っていう描きかたなんです。それならそれで良いんですが、、、本当に良いんでしょうか? 特に原作者というか主人公本人の金城さんはOKなんでしょうか?
岡村さんの演技が酷いとか、そもそもこの金城夫婦は何して食ってるんだとか(←一応観光客にサンゴ売ってるらしいですが)色々突っ込みどころはあるんですが、そういうのを問い詰める気も起きないくらい脱力してしまいました。
薬にも毒にもならないつまらない凡作ですんで、是非、家族連れでゴールデンウィークにお楽しみ下さい!!!



これなら同じつまらなさでもアリス・イン・ワンダーランド見た方がマシでした、、、。

[スポンサーリンク]

記事の評価

トラックバック用URL:

https://qbei-cinefun.com/tei-da-kan-kan/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です