エルム街の悪夢(リメイク)

エルム街の悪夢(リメイク)

今月の映画の日は

エルム街の悪夢」を見てきました。

評価:(60/100点) – え? リメイク?。


【あらすじ】

ディーン・ラッセルは3日間寝ずに精神が不安定になっていた。ディーンは彼女・クリスの目の前で自らの喉を切って死んでしまう。彼女はディーンの葬式で幼い頃の自分が墓穴に引きづりこまれる幻覚を見る。その夜、彼女は夢の中で右手にかぎ爪を付けた男に襲われる。

【三幕構成】

第1幕 -> ディーンの死。
 ※第1ターニングポイント -> クリスが死ぬ。
第2幕 -> ナンシーとクエンティンの捜索。
 ※第2ターニングポイント -> 不眠72時間が経過する。
第3幕 -> フレディ退治。


[スポンサーリンク]

【感想】

今月の1日は「エルム街の悪夢」です。ご存じ「フレディ・クルーガー・シリーズ」の9作目(スピン込みで12作目)で1作目のリメイクというアナウンスをされています、、、が、、、リメイクか?これ。
1,000円かつ名作リメイクということもあってか、レイトショーでしたがそこそこの人が入っていました。

一応おさらい

念のためということで一応おさらいをしておきましょう。「エルム街の悪夢」は1984年公開の超有名ホラーです。ジェイソンと並ぶホラー・ヒーロー:フレディを生んだ傑作で、夢の中で襲ってくるという変な設定と特徴的なボーダーセーターによって一躍ヒーローになったフレディは、シリーズを重ねる毎にギャグキャラ化していきます。この辺は前に「スペル」の時にちょろっと書きましたが、まさに「ホラーとギャグは紙一重」というのを突進してしまったんです。そしてそれが極限に達したのが「フレディVSジェイソン」です。
「フレディvsジェイソン」はお茶目なフレディがジェイソンを操ろうとして失敗しちゃって、、、、という完全に人間的というかヘタレなフレディになってまして、ちょっとキャラとしては閉塞的になっちゃったわけです。
早い話がこの作品は「アウトロー・ヒーローvsトップ・ヒール」のプロレス映画です。両方ヒールなのでフレディがベビィターンしたところが重要です。つまりニュー・ライン・シネマの中では、シリアル・キラーっぽさで言えばフレディよりジェイソンの方が上だという判断があったという事です。

再誕失敗!?

そこで、フレディをホラー・ヒーローとしてリセットする目的で作られたのが本作です。実際に見てみると、たしかにフレディのお茶目さは影を潜め、完全にシリアル・キラーになっています。が、、、、
非常に厳しい言い方をすれば、フレディがフレディでは無いというか、「フレディ」というキャラクターの持っていた個性が完全に消え失せて、単なる「ロリコン逆恨み地縛霊」になってしまっているんです。しかもフレディに人間味を感じさせないようにする目的なのか、彼のバックボーンが全く描かれません。だから、本当にイカれたロリコン以上のキャラクターではありません。
フレディの部分の不満を無視したとしても、お話しの部分で演出上かなり気になる点はあります。中でも一番違和感を感じるのが、群像劇スタイルで始まるにも関わらず唐突にナンシーとクエンティンの視点に絞られる中盤です。そしてこちらも唐突に始まる、「フレディ冤罪説」を巡る半端なサスペンス・ストーリー。あのですね、、、、「エルム街の悪夢のリメイク」って聴いて見ている人にとって、「フレディが冤罪かも」っていうのは茶番以外のなにものでもないんですよ。「そんなわけあるか!?」っていう。仮にそこを変えちゃったら、今までのシリーズよりもっと人間味が出ちゃって本末転倒じゃないですか。
しかも本作では「フレディは夢の中の存在だから、人々に忘れられると存在が消えてしまう」という大前提が崩れちゃってます。実際に完全にフレディを忘れていた人たちが襲われますし、被害者達に記憶を取り戻させようとするのもフレディの被虐趣味でしかなくなっています。
全体として、「旧作のフレーバーを残しながらもリアル路線を目指す」というバットマン・ビギンズやスーパーマン・リターンズと同じ手法を使っていますが、結果としてまったく意味不明でがっかりなキャラクターになってしまいました。

【まとめ】

一応このリメイク版(=仕切り直し版)の続編として二本は新作を作る計画のようです。ですが、個人的には本作の続編を見たい気はしません。あまりにも今作のフレディには魅力が無さ過ぎます。
「エルム街の悪夢」だということを忘れて見る分には平均よりちょっと悪いぐらいのスプラッタ・モンスター・ホラーだと思いますが、ちょっと期待していた分だけがっかり感が強いです。
シリーズのファンであれば、間違いなく見に行くべきですし見に行ってるとは思いますが、もし旧作を見たことが無い方は、レンタルで「エルム街の悪夢(1984)」を見た方が良いと思います。

[スポンサーリンク]

記事の評価

トラックバック用URL:

https://qbei-cinefun.com/a-nightmare-on-elm-street/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です