ジャングル・ブック

ジャングル・ブック

夏休み映画3本目はレイトショーでディズニーの実写映画、

「ジャングル・ブック」を見てきました。

評価:(82/100点) – 最高のアイドル映画


【あらすじ】

人間の子・モーグリはジャングルで育てられた。黒豹のバギーラを師に、狼のラクシャを母親代わりに、狼の群れの中でモーグリは”ジャングルの子”として成長していく。
乾季のある日、ジャングルに平和の岩とオアシスが出現した。ジャングルの掟に従って肉食・草食問わずに仲良く水を飲む平和の泉に、ベンガルドラのシア・カーンも現れる。彼は人間のニオイを察知すると、狼の群れに警告を発する。「人間は必ず殺す。人間を匿うなら狼は多大な犠牲を払うことになるぞ」。狼の群れでの会議の末、モーグリは群れを離れ人間の村へと向かうこととなる、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> 平和の泉とシア・カーンの脅し
 ※第1ターニングポイント -> モーグリが人間の村へと向かう
第2幕 -> 人間の村への旅と熊のバルーとの出会い
 ※第2ターニングポイント -> モーグリが狼の群れの現状を知る
第3幕 -> シア・カーンとの対決


[スポンサーリンク]

【感想】

さてさて、夏休み映画シリーズの3本目はディズニーの実写、「ジャングル・ブック」です。丸の内ピカデリーのレイト・ショーで見てきました。500キャパぐらいの大箱ですが観客はせいぜい数十人規模で、しかもほとんどが女性の”お一人様”でした。そりゃ男の子はみんなX-MENかな、、、と思いつつ、やっぱり「癒やし」「ほんわか」みたいな雰囲気が出てるからでしょうか(笑)?そして実際見てみるとですね、その雰囲気は当たってます。大正解。本物かと勘違いするほど可愛い動物達が、所狭しと大活躍してとにかく終始ニヤニヤしっぱなしです。めちゃくちゃ楽しい2時間でした。

ディズニーがついに本気だした!

あんまりハッキリ言うのもなんですが(笑)、ディズニーの一連の「クラシックアニメのリメイク/スピンアウト路線」は作品的にはあまり成功しているとは言えません。「アリス・イン・ワンダーランド(2010)」「オズ(2013)」「ウォルト・ディズニーの約束(2013)」「マレフィセント(2014)」「シンデレラ(2015)」「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016)」。素晴らしかったのは「メリー・ポピンズ(1964)」制作の裏側を劇化した「ウォルト・ディズニーの約束」ぐらいで、かろうじてまともなのは「シンデレラ」。後は本当に何考えてるんだっていうレベルの出来でした。

近年の長編アニメが名作揃いなのに対して、ディズニーの実写セクションはほぼアベンジャーズ・シリーズに全面依存しているのが現状で、それ以外のファミリー路線はちょっと残念なことになっていました。そんな状況の中、「アイアンマン」シリーズで全幅の信頼を得たジョン・ファブローが満を持してファミリー路線へ投入されたわけで、これは期待しないわけにはいきません。

ジョン・ファブローは”置きにきた”

そんなプレッシャーがかかる場面ですから、ファブローはこれをどう料理するのかと思いきや、、、完全に安全策にでました(笑)。昔のアニメ映画「ジャングル・ブック(1967)」から人種/性差別的に難癖を付けられていた部分を全て修正し、ポリティカル・コレクトネス的にも文句をつけようがない形にまとめて、エンタメ要素を全面に出しています。具体的には、母親代わりのメス狼・ラクシャの登場であったり、モーグリを群れから追い出す描写の緩和、最終的にはジャングルの子として受け入れる描写。私が鈍感すぎるのかもしれませんが、「そこまでやるの!?」ていうくらい猛烈に気を使っています。そうやって話の筋を「人間社会への復帰」から「ジャングルの子として生きる」方向へと変えた結果、そこに残ったのはピュアな意味での”ジャングルの魅力”であり、「動物ちゃんたち最高~~~~!!!」というモフモフ・キュンキュン・キャワワワ要素です(笑)。これはですね、ド鉄板です。動物の可愛さに国境はないですし、もっというとそこに文句のつけようがないですから。相当卑怯なやり方です(笑)。ずるいぞ、ジョン!

ワンちゃんクマちゃんがこの世で一番可愛い説

とにかくですね、何が可愛いって狼とクマちゃんのワンちゃんぽさですよ。肉食動物としてのエグさは一切見せず、この2種は完全に”ファンタジーなアイドル”として画面に登場します。クマのバルーがはちみつを食べる描写はあるのに、いわゆる”肉”は一切食べません。狼たちも狩りをする描写はなく、終始追いかけっこをしています。まるで「わたしアイドルだからウ○コしませ~ん♡」みたいなノリで、動物たちの可愛さだけが抽出され、描かれます。もうね、そんなの二時間も見せられたら無理(笑)。30過ぎたオッサンが映画館でずーっとニヤニヤしながら見ている絵面はさぞハタからみたら危なかったでしょう(笑)。マジでレイト・ショーでよかった、、、。

ストーリーはひたすら無難

細かいストーリーはですね、正直どうでもいいです(笑)。前述のようにポリティカル・コレクトネスを重視した結果、ストーリー自体はわりとありきたりで普通な感じに仕上がってます。平均偏差値50そのもの。褒めるほど上手くもなく、けなすほどアラもなく、動物たちの可愛さを邪魔しない程度の(笑)添え物です。でも、良いんじゃないでしょうか? だって可愛いは正義ですから。

【まとめ】

動物が好きなひとは絶対見たほうがいいです。特に犬が好きな人。これは義務です。ぜひ映画館で可愛さに悶ましょう(笑)。ただし一点だけ注意があります。大人が一人で見に行くなら、絶対レイト・ショーです。断言しますが、ツボにハマって終始ニヤニヤしている大人は完全に不審者です(笑)。昼の回は避け、是非、空いてそうな夜の劇場でニヤつきましょう。超オススメです!

[スポンサーリンク]
記事の評価
アイアンマン2

アイアンマン2

本日の二本目は

アイアンマン2」です。

評価:(70/100点) – 来るぞ!!! 遂にアベンジャーズが来るぞ!!!!!


【あらすじ】

巨大軍需企業・スターク・インダストリーの社長トニー・スタークは心臓に刺さったミサイルの破片を引きつけるために胸に「アーク・リアクター」を装着している。そしてそのアークリアクターを動力として利用するパワードスーツを開発し「アイアンマン」へと変身する。
ある日、モナコでF1レースに出場したトニーは、同型のパワードスーツを着たアイヴァン・ヴァンコに襲撃される。その場で逮捕されたアイヴァンだったが、スターク・インダストリーのライバル会社・ハマーインダストリーのジャスティン・ハマーの手によって脱獄、新型パワードスーツの開発要員として雇われてしまう。
果たしてアイヴァンとハマーのコンビを前に、トニーは生き残ることが出来るのか、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> 上院軍事委員会 への召還とナタリーの登用。
 ※第1ターニングポイント -> ウィップラッシュの襲撃。
第2幕 -> ハマーの策略とローディのアイアンマンMk2.
 ※第2ターニングポイント -> スタークエキスポでのハマーインダストリーのプレゼン
第3幕 -> ウィップラッシュvsアイアンマン


[スポンサーリンク]

【感想】

今日の2本目はアイアンマン2です。ご存じロバート・ダウニーJrの大復活作にしてハイクオリティなアメコミ・ヒーロー映画を創造した前作に引き続いて、今作でも金持ちでイケメンで天才だけど子供っぽい、物理工学オタクの完璧超人トニー・スタークが大暴れします。
相変わらず保護者であり恋人未満な甘酢の対象として、究極秘書ペッパーも登場します。そして敵役は完全にレスラーのまんまのミッキー・ローク、アベンジャーズのリーダーもやった恋人・ブラックウィドーにスカーレット・ヨハンソン。もう美男美女+むさいオッサンの完璧超人達が所狭しと大暴れします。
話の内容は至ってシンプル。逆恨みする男とライバルの嫌なヤツが突っかかってくるだけですw。でもそこは我らのトニー・スターク。苦戦するかとおもいきや朝飯前でサクっと倒してしまいます。あまりにウィップラッシュが弱すぎて全然話にならないんですが、それはそれw。ちゃんと前作で「next time」とネタフリしていたローディのウォーマシーン化もあり、そして前作同様のD.I.Yシーンも健在で、前作以上にアップテンポなキャラクターものに仕上がっています。ごちゃごちゃ言うのもヤボな程、とにかくエンターテイメント映画としては無類の面白さで釘付けにしてくれます。
でもね、100点付けたのはそれだけが要因じゃないのですね。それはね、、、、、

アベンジャーズキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

Wooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
アベンジャーズついにキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!キタキタキタキタ



すみません。つい取り乱しました。
アベンジャーズが来たんですよ。前作ではエンドロールの後にニック・フューリーが20秒ぐらい顔を見せただけだったんですが、遂に本編に堂々と出てきます。っていうか今回は、S.H.I.E.L.D.の作品に占める割合がかなり高くなっています。
一応知らない人のために説明しますと、アメリカにはアメコミの2大ブランドとして「DCコミックス」と「マーベルコミック」があります。1960年に「DCコミックス」が、バットマンやスーパーマンやフラッシュ等のスーパーヒーローを全部合わせたオールスターごちゃ混ぜコミックを「ジャスティス・リーグ」という名前で始めました。これに対抗して1963年にマーベルも同様の企画ものを始めます。これが「アベンジャーズ」です。「アイアンマン」と「キャプテン・アメリカ」と「雷神ソー」が中心で結成されまして、その中でも特にアイアンマンの世界が中心となっています。要は水島新司の「大甲子園」のノリです。スーパーヒーロー全員集合の夢の企画で、映画化の噂は前から絶えませんでした。このアベンジャーズの作中でヒーロー達が所属する”大ヒーロー本部”が「S.H.I.E.L.D.」です。そして長官のニック・フューリーがすべてのヒーローをまとめ上げるカリスマ・司令官なんです。
本作「アイアンマン2」では、特に後半以降に完全に「S.H.I.E.L.D.」の話になります。劇中ではあんまり説明がないんですが、これってフューリー長官がヒーロー達をスカウトしてる最中にトニー・スタークの所に寄ってるんですね。そしてトニーが地下にハドロン衝突型加速器を作っている時に高さ調整するのに使うオブジェクトが「キャプテン・アメリカ」のトレードマークである星マークの入った盾です。そしてエンディングの最後には雷神ソーのムジョルニア(ハンマー)が映ります。さらにトニーは「S.H.I.E.L.D.」と顧問契約の話までします。ということは、、、、いよいよ来てしまうんですよ。大ヒーロー祭りが!!!!!
YES!!!!!! Yeeeehhhhhsssssss!!!!!!!!!!
WOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!
すみません。つい取り乱しました。
近年に映画化されたマーベル作品というと、「X-MEN」「スパイダーマン」「インクレディブル・ハルク」があります。これに来年公開の「ソー(2011年5月6日公開)」「キャプテン・アメリカ(2011年7月11日公開)」が混ざるわけで、完璧にアベンジャーズ+アルティメッツの布陣になります。よっしゃーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

【まとめ】

興奮しすぎて作品について全然書けてないですが、それほどまでにこの作品は大事件です。「スパイダーマン2」に匹敵するかもしれないぐらい、アメコミ映画化作品のクラシックになり得る作品だと思います。もうね、スカーレット・ヨハンソンの素敵かつフェティッシュすぎる演技を見られただけでも大満足ですよ。結局本作に出てくるのは全員が究極超人なので、それだけでおなか一杯です。
オススメです!!!!。 ファミリーでもデートでも見られますので、超・超・お勧めです!!!!

[スポンサーリンク]
記事の評価