小川の辺

小川の辺

溜まったぶんを一気にお届け!!!
とりあえず7月2日は

小川の辺」を見てました。

評価:(50/100点) – 面白いけど、長過ぎ。


【あらすじ】

海坂藩士・戌井朔之助は討手の命を受ける。相手はかつての親友にして脱藩の士・佐久間森衛。佐久間は持ち前の正義感から藩を牛耳る実力者・鹿沢尭伯を公衆の面前で痛烈に批判し、その復讐を受けて政治的に追い詰められてしまっていたのだ。しかも佐久間は朔之助の妹・田鶴の夫でもある。決して悪ではない親友を立場上斬らなければならなくなった朔之助は、従者にして幼なじみの新蔵を従えてゆっくりと房総へと向かう、、、。


[スポンサーリンク]

【感想】

ご無沙汰しております。ここのところ何故か音楽ライブやらアニメイベントやらの美術・映像監修仕事が増えましてblogをサボっていましたw 今日は溜まりに溜まった脳汁を一気にお届け!!! ぶっちゃけ真夏のライブ4連チャンで気力が出涸らしなので、サラっとやっつけたいと思いますw
さて、やっつけ仕事の一本目は「小川の辺」です。原作は藤沢周平の短編集「闇の穴」に収録の同名短編の映画化です。ストーリーは至極単純でして、不器用な正義感から世渡りに失敗しちゃった親友を家名のために斬らなければならなくなったサラリーマン武士が、「やだな~~。あいつバカだな~~~~。あ~~~でも斬るしかないしな~~~。あ~あ~~。ゆっくり行くべ~~。」とぼやきながら道中で親友や妹の思い出を回想していくという話です。基本的にスクリーンに映されるのはいかに佐久間が良い奴かという描写と、いかに戌井兄妹の仲がぎこちないかということ、そしてだけど確かにそこにある家族の連帯感のようなものです。ただ、そこにあまり葛藤はありません。戌井は最初こそ迷いますが、旅に出る段にあっては完全に割り切っています。ですから、この映画で語られるのは武士の美徳であり、サラリーマンの悲哀であり、そういった諸々を含めた「世渡りと正義感と家族愛」の話です。なので、これはサラリーマンとしてはグッとこざるを得ないんです。
ということで確かに面白いんですが、なんぼなんでも長すぎます。結局原作はあくまでも短編であって、短編なりのボリュームしかないんです。それを引き延ばしまくっても、これはサービスにならないどころかドンドン退屈になってしまうんです。もちろんこの長さというのは直接的に戌井の「この件に乗り気じゃない」という描写に繋がるのですが、あまりに長すぎてラストの決闘の緊張感がだいぶ削がれてしまいました。
惜しいなと思いつつ、でも間違いなく良い作品だと思います。藤沢周平の描く武士ってほとんどがスーパーヒーローじゃなくて「中堅サラリーマン」なんですよね。その極北かなと思います。佐久間は何も悪くないし、戌井も悪くない。悪代官を絵に描いたような侍医・鹿沢以外は誰も悪くないんです。でも殺し合わなくちゃいけないっていうのが悲哀としてグッと来るんです。オススメデス。

[スポンサーリンク]
記事の評価
恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない

恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない

今日も二本です。1本目は

恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」です。

評価:(15/100点) – 中川翔子って本当可愛いね。え、話? なにそれ???


【あらすじ】

図書館秘書の野田泉は合コンで米谷ネルと出会う。恋愛に興味が無い泉だったが、ネルの強引なアタックに徐々に心を動かされていく、、、。


[スポンサーリンク]

【感想】

今日の一本目は中川翔子初主演の「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」です。明らかに中川翔子目当てとおぼしき一人で来ているオタク系男子で結構混んでました。ちゃんと上映中に一人ごとを言い続ける濃い人も来ていまして、改めて中川翔子人気の凄さを感じています。
本作は映画ではなく、携帯配信ドラマという聞き慣れないフォーマットの作品です。私も全然しらなかったのですが、1話5分くらいで配信する形式のようです。どうりで場面転換や構図が雑なわけですw
本作に掛ける制作者の気合いは以下の公式HPのあらすじで一発で分かります。


    図書館に勤める、人より本の方が好きで恋に臆病な野田泉(中川翔子)が、自分とは真逆とも言えるラテン系建築家で夢を追っている米谷ネル(鈴木裕樹)と出会い成長していく物語です。

まず、「人より本の方が好きで恋に臆病」と「ラテン系建築家で夢を追っている」が「真逆」という意味が分かりませんw そもそも「ラテン系」も意味が分かりませんw そして本編を見ていると、これが驚くほど内容が無く、「成長物語」っていうよりは単に泉が強引な男に引っ掛かったようにしか見えませんw
端的に、作品の前半はひたすらネルが泉をストーキングする話で、後半は実はネルが悪い男だったという展開から相思相愛になるまでの話です。そのなかで具体的に相手のどこに惚れたのかという描写が全然ないため、ラブストーリーとしてもかなり残念な事になっています。最後まで見てもネルは図書館で働くおとなしい子なら誰でも良かったように見えますし、泉も押しが強いそこそこ頭の良い男(本を読む男)なら誰でも良いように見えます。
本作で不思議なのは、ネルに生活感(経済活動感)がまったく無いことと、泉が人嫌いにまったく見えないことです。泉は友達に言われて合コンに普通に来ますし、ネルは大学生だっていうのに平日の昼間っから図書館にしょっちゅうナンパしに来ます。でも多分本作はティーンエイジャー向けなので、そこまでリアリティを気にしなくても良いのかも知れません。なので、ストーリーについてはまったくどうでも良いレベルです。
ということで、これはもう中川翔子を見るしかないわけですw おそらく本作が携帯電話の小さい画面で見る前提で作られているためだと思いますが、全編通して引きのショットというのがほとんどありません。つまり常にだれかしらの顔のどアップが映っているわけです。これは好都合w
普段なら「顔のアップばっかりとかTVドラマか!!!!」とツッこむのですが、本作に関してはストーリーが駄目すぎる分、中川翔子の顔のアップを見ていれば何とか70分を乗り越えることができますw
結論としては、中川翔子のアイドル動画だと思えばなんとかギリギリがんばれる作品だと思います。
また、60分の前置き動画の後で、約5分間の本編が流れますw 一度エンドロールが流れますがそれはあくまでもプロローグの終わり、ピクサーでいう短編終了みたいなものですので絶対に席を立たずに本編の鑑賞をお勧めします。

[スポンサーリンク]
記事の評価