インシディアス

インシディアス

2本目は今週の本命!!!

インシディアス」を見ました。

評価:(90/100点) – キタコレ!! みんな大好きサム・ライミ・フォロワーの傑作!


【あらすじ】

ルネは3人の子供と夫とともに新しい家に引っ越してきた。ある日、長男のダルトンが屋根裏でハシゴから踏み外して頭を打ってしまう。あくる朝、なかなか起きてこないダルトンを起こそうと部屋へと向かった夫・ジョシュは、昏睡状態になったダルトンを見つける。しかし医者に診せても原因はわからない。身体的には全くの健康体でありながらも目を覚まさないダルトンに、一体何がおこってしまったのだろうか、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> 新しい家と屋根裏部屋。
 ※第1ターニングポイント -> ダルトンが昏睡状態になる。
第2幕 -> 引っ越しとエリーゼの登場。
 ※第2ターニングポイント -> エリーゼとロレーヌの告白
第3幕 -> ジョシュの冒険


[スポンサーリンク]

【感想】

今日の2本目はジェームズ・ワンの最新作「インシディアス」です。高校生は1000円というキャンペーンをやっているからか、客席は半分ぐらいでほとんどが学生でした。上映中もずっと喋っててなんだかな~~と思ってたら、見事に3幕目に入ったところでサァーっと静かになりましたw まぁホラー映画は騒いでナンボですからオーライオーライ。終わった後も、エンドロール中にみんな逃げるように帰ってまして、本当にいいお客さん達でしたw

作品の概要

本作は監督ジェームズ・ワンで脚本リー・ワネルのSAWコンビに、プロデューサーで「パラノーマル・アクティビティ」のオーレン・ペリが連なっています。その関係で「SAW」+「パラノーマル・アクティビティ」という宣伝をされています。間違ってはいないのですが、どちらかというと本作は「パラノーマル・アクティビティ」+「スペル」です。
ルネが引っ越した新しい家では怪奇現象が起き、ついには長男が原因不明の昏睡状態に陥ってしまいます。徐々に息子の看護と怪奇現象で精神的に追いつめられていくルネは遂に引っ越しを決意しますが、それでも怪奇現象は収まらずに、、、、というよくありがちなホラー映画です。その雰囲気を「パラノーマル・アクティビティ」風の固定カメラ&グラグラの手持ちカメラで演出します。ですので、作品のルックスとしては大変「パラノーマル・アクティビティ」に似ています。
さらにこの演出を乗せる骨組みになっているのが個人的に2009年トップ映画のサム・ライミ「スペル(Drag Me to Hell)」です。イントロの少しイラストっぽくした風景とタイトルの出方。そして序盤から中盤にいたるまでのポルターガイストっぷり。しまいにはショーン・サン・デナばりに強烈なオカルトおばさんエリーゼの登場。そして最後につながる監督の「お土産を持って帰ってね!」という余計なお世話w 完全に骨格は「スペル」です。
そりゃあ次男と赤ちゃんはまったく関係ないですし、中盤以降は完全に居なかったことになってます。発明的な要素はほとんどゼロだといっても良いと思います。でもそんなのどうでもいいくらい本気でエンターテイメントしていて、そして本気で恐い良心的なホラー作品です。B級上等。ベタベタ上等。だって最高に楽しい「お化け屋敷」映画ですもの。畳みかけるように起こるイヤ~~な脅かし演出や、起こるべくして起こるお約束のようなショック演出。そしてしつこいくらいに繰り返される「スペル」でおなじみのバイオリンの不況和音。スタンダードな演出を真面目にやると本当に恐いっていうのが良く分かる作品です。

【まとめ】

日本的な心霊ホラーとアメリカン・モンスター・ホラーの幸せな出会いが楽しめる作品です。「居るはずの無いものがそこに居る」というJホラーと「モンスターが襲ってくる」というアメリカン・モンスター・ホラーの要素が見事に共存していて、ときには息をのみ、ときには「やっちまえ!」とアクション映画バリにテンションがあがるすごく良いバランスです。
これはですね、絶対に劇場で見た方が良いです。劇場の音響でないと、この大きい音と小さな音の差は分かりませんし、この迫力は出ません。
オススメかどうかって言われれば、それはもう絶対にオススメです!!!
行って来んさい!!! そして地獄を見よ!!! オススメです!!!!
ちなみに私は恐すぎて終盤ちょっと薄目がちでしたw

[スポンサーリンク]
記事の評価
ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ ザ・ファイナル 3D

今月の映画の日は

ソウ ザ・ファイナル 3D (SAW 3D)」を見ました。

評価:(50/100点) – マンネリの果てに納得のファンサービス。


【あらすじ】

民間人を誘拐して死のゲームをしかけるシリアルキラー、ジグソウ=ジョン・クレイマーの死後、彼の弟子・ホフマン刑事と妻・ジルによる後継者争いは熾烈を極めていた。ジルはジョンの遺書に従いホフマンにトラップを仕掛けるが力技で脱出されてしまう。警察内部でもジグソウの共犯者として特定されてしまったホフマンは、身を隠して新たなゲームとジルへの復讐を画策する。
一方そのころ、ボビー・デイゲンはジグソウのゲームから生還した体験談の出版や講演会で一財産を築いていた、、、。

【三幕構成】

第1幕 -> ボビー・テイゲンとマスコミ。
 ※第1ターニングポイント -> ボビーが誘拐される。
第2幕 -> ボビーのゲームとジルの司法取引。
 ※第2ターニングポイント -> ジルが殺される。
第3幕 -> 真の後継者。


[スポンサーリンク]

【感想】

今月の映画の日は「ソウ ザ・ファイナル 3D」を見て来ました。ご存じソリッドシチュエーションスリラーの金字塔的シリーズで、アメリカでは毎年恒例のハロウィンムービーです。元々は「SAW 8」で完結するはずでしたが、去年の6作目が興行的に転けたため、急遽「SAW 7」と「SAW 8」のシナリオをまとめて「SAW 3D」として制作・公開されました。シリーズ7作目にあたります。
4作目での初登場以来、圧倒的な存在感でやりたい放題のホフマンに遂に対抗できる人間が現れます。
ファンの方ならご存じの通り、一作目で生き残ったゴードン先生役のケイリー・エルウィスは奥さんから「こんな下品な映画には出ないで(←失礼な話w)!!」と言われ、続編への出演を辞退していました。そのケイリーが「SAW 7」への出演を了承したというニュースが出たのはちょうど去年の11月頃でした。この時点で、ファンはもう狂喜乱舞していたわけです。やはり「SAW」シリーズは一作目の衝撃と凄まじい完成度こそが肝であり、その後のシリーズは決して出来の良い映画ではありませんでした。だからこそ、一作目で狂気と共に生きる道を選んだゴードン先生はシリーズのヒーローであり、この「SAW」シリーズの象徴でもあったんです。そのゴードン先生が遂に完結編で帰ってくるというのですから、これはもう美味しい所を全部持って行くに決まっているんですw
実際問題、本作では意外な事は何一つ起こりません。今回のゲームも「SAW2」から定番となった「時間制限クエスト式ゲーム集」をひたすら進んで行きます。完全にお約束の展開で、開始早々にオチまでわかりますw
そしてこれまたお約束となったホフマンの強行突破。さらには誰しも当然そうなると思っていたゴードン先生の見せ場。どれもシリーズを見続けたファンへのサービス精神にあふれています。きちんと最後は一作目につなげてきますし、何よりプロデューサが口ではなんと言おうとも、続編を作る気満々の終わり方ですw。

【まとめ】

本作は「もはやマンネリと化したSAWシリーズを綺麗に終わらせる」という目的を実に上手く果たしていると思います。ツッコミ所を挙げるとキリが無い話ですが、たとえばリンキン・パークのチェスターが出演している場面をひとつとっても、この作品が「ハロウィンのお祭り(出し物)」であるというその楽しさがヒシヒシと伝わってきます。相変わらずどんどん大げさで大がかりになっていくゲームの数々も微笑ましく笑えるような、そんなファン限定の映画です。
念のためですが、シリーズを未見の方が見てもさっぱりわからないはずです。もし見たことが無い人は、残念ですがレンタルで1作目から6作目まで全て見ないと話が通じませんw
少なくとも一作目はホラー映画史に残る大傑作ですので、是非一作目だけでも見てみて下さい。気に入れば一気に嵌れると思います。

[スポンサーリンク]
記事の評価