サベイランス

サベイランス

サクサク行きまして、次は

「サベイランス」です。

評価:(40/100点) – 「カルトの帝王」の困った娘。


【あらすじ】

サンタ・フェの田舎町で5人が無残に殺される事件が発生する。FBI捜査官のエリザベスとサムは警察所に居る目撃者3人から事情聴取を行う。3人は「傷だらけの警官」と「怖がる若い女性」と「無口な女の子」。しかし彼らの証言が微妙に食い違う。果たして彼らに何が起きたのか?そして犯人は誰なのか?


[スポンサーリンク]

【感想】

私の大好きな「カルトの帝王」デヴィッド・リンチがプロデューサに名を連ね、長女のジャニファー・リンチが監督・脚本を務めるサスペンススリラー作品です。本国ではおととし公開ですが、ようやく日本に上陸しました。ちなみにジェニファーはすでに去年「蛇女」というボリウッド映画を撮っていますので、ある意味周回遅れでの公開です。
ハッキリ断言しますが、ジェニファー・リンチ監督のファンというのは聞いたことがありません。というのも初監督作品の「ボクシング・ヘレナ」が度を超して最低な映画だったからです(笑)。色男が愛する女の手足を切って所有物として愛でるというサイケな恋愛映画(←いやまじでサスペンスじゃないんです)で、ジェニファーは当然のように映画を撮らせてもらえなくなりました。それから15年、ついにあの問題児が帰ってきた(笑)ってなわけで一部の映画ファンには待望の作品です。
やはりデヴィッド・リンチを思い起こさせるのはサイケなキャラクター達です。一人を除いて出てくるキャラクラー全員が頭イカレてます。情緒不安定なのは言わずもがな、いちいち各キャラの妄想混じりの証言を映像化して見せる物ですから、軽い頭痛を引き起こします。でもそれこそがデヴィッド・リンチの特徴でもあるので、娘に着実に受け継がれているのはうれしい限りです。
ところが、、、ラストが超がっかりで台無しなんです。金返せっていうレベルのオチにもならないオチで、もう本当にどうしようもありません。犯人については中盤あたりで気付きましたので当然もう一ひねりしてくるのかと思いきや、、、結局犯人捜しだけなんです。なんとも言い難いです。
一応「幼い子供だけが物事の真実を見ている」という部分にテーマらしき物はありますし、映画としてまったくダメダメというものではありません。単につまらないだけです。この「単につまらない」というのが割と皆さんが同意できるジェニファーの評価だと思います。これがデヴィッドだったら「単につまらない」なんてならずに訳分からない要素を散りばめて「わかんないし気持ち悪いけどなんか引っ掛かる」というぐらいには煙に巻いてくれるんですが、、、ここいらが限界なんでしょうか?
とはいえ「ツイン・ピークス ローラ・パーマ最後の七日間」でジェニファーの書いた脚本は良かったので、決して才能がないわけではないんです。監督はあきらめて脚本家に専念した方が絶対良いですよ。

【まとめ】

本作もバリバリの単館映画ですが、わざわざ足を運ぶ必要は感じません。正直オススメするのは気が引けます。ただデヴィッドのテイストを感じることは出来ますので、父親の大ファンであればとりあえず押さえておきましょう。
それにしてもきつかったです。

[スポンサーリンク]

記事の評価

トラックバック用URL:

http://qbei-cinefun.com/surveillance/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です